message

今こそ、人が輝く時代。
より良い未来は
人づくりで実現できる。

創業から60年以上、と聞くと歴史があると感じるでしょうか?
今、当社の持つ「志」はようやく形を成してきたという時期です。
当社が関わる物流分野は、地域また社会へ貢献することはもちろん、
関係する方々と共に繁栄と発展を目指す大切な役割を担っています。
日本社会は物に溢れていますが、その一つ一つに誰かの願いがあり喜びがある。
社会をつなぐインフラは、人と人をつなぐ
かけがえのない仕組みなのです。
人を助けて幸せにしたい、自分も笑顔でいたい。

社会で誰かと繋がるとその心もまた動かされます。

社名の由来でもある「信頼」こそ、せわしない現代に
もっとも必要なことなのだと私は考えます。
企業のエネルギー源は「人」。

AI に比べると不安定な動力ですが、
限られた経営資源の中でその力を2倍にも3倍にも変えて
成長できるのは「人」である社員だけです。
だからこそ当社は「人づくり」にこそ重きを置いています。

株式会社シンワ・アクティブ

代表取締役  

company info

会社概要

社名 株式会社 シンワ・アクティブ
代表者

本社所在地 〒567-0033 大阪府茨木市松ヶ本町2-30
TEL 072-665-5707
FAX 072-665-5808
設立 昭和47年7月 (創業 昭和37年3月)
資本金 50,000,000円
業務内容 物流センターの委託・請負・流通加工
倉庫業・商品管理請負・海外輸入カーゴ
貨物自動車運送・貨物運送取扱・引越事業
物流コンサルティング・​物流システム開発
システム連携・アプリケーション開発
Webデザイン・デジタルコンテンツ制作
従業員 89名 (グループ全体 664名) 
2023年4月1日現在
営業所 12カ所
車両台数 認可車両59台、営業車10台
取引銀行 池田泉州銀行 摂津支店
みずほ銀行 茨木支店
尼崎信用金庫 摂津支店
三菱UFJ銀行 茨木支社
加盟組織 社団法人大阪府トラック協会 河北支部
関連会社 株式会社シンワ流通
イーアイプラス株式会社
株式会社新生
シンワ電装株式会社
SAホールディングス株式会社
顧問 労務管理 株式会社サンミ経営
税務会計 スタンドパートナー税理士事務所

base

事業拠点

  • 枚方センター

    枚方センター

    〒573-0101
    大阪府枚方市長尾峠町1-10
    TEL: (072)665-5505

    map

  • 尼崎センター

    尼崎センター

    〒660-0843
    兵庫県尼崎市東海岸町13-1
    プロロジスパーク尼崎1
    TEL: (06)6409-1477

    map

  • 輸送センター

    輸送センター

    〒566-0064
    大阪府摂津市鳥飼中2-8-29 1F
    TEL: (072)654-0172

    map

  • 関西流通センター

    関西流通センター

    〒566-0052
    大阪府摂津市鳥飼本町1-11-62
    TEL: (072)650-0010

    map

  • 関西第2センター

    関西第2センター

    〒566-0062
    大阪府摂津市鳥飼上4-13-30

    map

  • 中央センター

    中央センター

    〒566-0062
    大阪府摂津市鳥飼上5-2-52
    (新大阪貨物流通センター内)

    map

  • 京都センター

    京都センター

    〒614-8212
    京都府八幡市戸津中代38-1

    map

  • 茨木センター

    茨木センター

    〒567-0865
    大阪府茨木市横江2-7-52
    TEL: (072)652-7156

    map

  • 茨木第2センター

    茨木第2センター

    〒567-0853
    大阪府茨木市宮島2-1-25

    map

  • パナソニック駐在所

    パナソニック駐在所

    〒571-8502
    大阪府門真市松葉町2-7

    map

  • 本店

    本店

    〒566-0064
    大阪府摂津市鳥飼中2-8-29
    TEL: (072)654-0172

    map

  • 本社

    本社

    〒567-0033
    大阪府茨木市松ヶ本町2-30
    TEL: (072)665-5707

    map

history

沿革

    1. 1962

      運輸業務を目的に大阪府大阪市に創業

    2. 1972

      シンワ運輸株式会社に社名を変更
      大阪府摂津市に大阪センターを開設

    3. 1974

      京都府八幡市に京都センターを開設

    1. 1976

      大阪府摂津市に本社及び車庫移転

    2. 1979

      大阪府摂津市に中央センター開設

    3. 1983

      京都府八幡市に京都第2センターを開設

    1. 1985

      京都府八幡市に京都第3センターを開設

    2. 1989

      株式会社シンワ・アクティブに社名を変更

    3. 2000

      岐阜県海津市に海津センターを開設
      食品物流業界に参入

    1. 2005

      大阪府摂津市に関西流通センターを開設

    2. 2008

      大阪府摂津市にチルドセンターを開設

    3. 2010

      大阪府摂津市に関西第2センターを開設

    1. 2011

      大阪府堺市に関西第4センターを移設・堺センターに名称変更
      兵庫県尼崎市に大阪センターを移設・尼崎センターに名称変更

    2. 2012

      大阪府摂津市に関西チルドセンターを開設
      大阪府摂津市に本社を開設
      京都府京田辺市に京田辺センターを開設

    1. 2016

      グリーン経営認証を取得

    2. 2017

      大阪府茨木市に茨木センターを開設
      ISO14001 2015年版(環境マネジメント)認証取得
      全国貨物自動車運送適正化事業実施機関より「安全性優良事業所」として認定

    1. 2018

      ISO14001 2018年版(環境マネジメント)認証取得

    2. 2020

      大阪府摂津市の本社を本店へ改名
      大阪府茨木市に本社を開設

    3. 2021

      大阪府枚方市に枚方センターを開設

sustainability

サステナビリティ

シンワ・アクティブは企業としてSDGs(持続可能な開発目標)への取り組みをしています。

2015年9月に開催された「国連持続可能な開発サミット」の成果文書として、「世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択されました。アジェンダは、人間、地球および繁栄のための行動計画として、宣言および目標を掲げました。
この目標が、17の目標と169のターゲットからなる「持続可能な開発目標(SDGs)」です。
今後のサステナビリティを考えるうえでの世界の共通言語として位置付けられるものといわれています。

  1. 3

    すべての人に健康と福祉を

    close

    3.すべての人に健康と福祉を

    現在、日本国内にある多くの企業が抱える課題として「生産性の向上」「働き方改革」「人手不足」「長時間労働」「仕事とプライベートの切り分け」等、様々な内容が挙げられます。
    こういった問題の解決へと取り組むべく、残業の改善・休憩時間確保の推奨・人間関係 / 精神的ストレスの改善を目的とした定期面談を積極的に取り組んでおります。

  2. 4

    質の高い教育をみんなに

    close

    4.質の高い教育をみんなに

    社内では新たな情報に触れて「学ぶ」機会を大切にしており、新入社員、若手社員を中心に中堅、ベテラン社員まで幅広い層のスタッフへ向けたあらゆるジャンルのフォローアップ研修を実施しています。

  3. 5

    ジェンダー平等を実現しよう

    close

    5.ジェンダー平等を実現しよう

    女性スタッフ及び女性管理職の割合を高めるべく、女性と男性が等しく活躍できる環境づくりを大切にしています。現在管理職に就いている女性社員も多数在籍しており​今後も男女平等な会社であり続けます。

  4. 7

    エネルギーをみんなに
    そしてクリーンに

    close

    7.エネルギーをみんなにそしてクリーンに

    各物流センターや営業所では太陽光発電パネルを設置しており「電気」という、必要不可欠なエネルギーの自給率を再生可能エネルギーを通して高めることで、地球環境に優しく、どんな時にも安心できる、クリーンなエネルギー社会を実現できると考えております。

  5. 8

    働きがいも 経済成長も

    close

    8.働きがいも 経済成長も

    新たな事業を多角的に展開し、経済的な成長だけではなくスタッフ一人ひとりの成長を大事にしており個人レベルの目標の設定、フォローを行い​社内全体のモチベーション向上につなげています。

  6. 10

    人や国の不平等をなくそう

    close

    10.人や国の不平等をなくそう

    人事採用を行う際には、性別、年齢、人種、文化、言語などの隔たりをなく、外国人採用や障がい者採用を行っており、差別、不平等性のない会社づくりを続けています。

  7. 11

    住み続けられるまちづくりを

    close

    11.住み続けられるまちづくりを

    環境整備活動や、交通安全運動をはじめ各地域にてより良い街づくりを支えるために地域貢献活動に積極的に参加しています。近年ではコロナウイルスの感染防止に向けて社内で感染防止活動を進めています。

  8. 12

    つくる責任 つかう責任

    close

    12.つくる責任 つかう責任

    社内で使用するパソコンやタブレット、サーバー、複合機などのOA機器、携帯電話といった各種備品を新たに購入する際には、その製品のコスト面だけでなく環境への配慮・影響面も考慮して導入をしています。

  9. 13

    気候変動に具体的な対策を

    close

    13.気候変動に具体的な対策を

    オフィスで業務をする際は、徹底したエアコン機器等の冷暖房について温度設定をルール化、退社時の確実な電源オフにすることはもちろん、つい忘れがちなモニター類の電源オフ等を行い不要なエネルギー使用を最低限に減らしています。

  10. 15

    陸の豊かさも守ろう

    close

    15.陸の豊かさも守ろう

    紙やインク等は環境へ影響が少ないものを選別。社内ミーティング時に使用するペーパー類の廃止。現在はタブレット端末を使ったペーパーレス化と業務のオンライン化へシフトしており、社内資料のデジタル化を進めることによる、環境への負荷軽減を目指しています。

健康経営優良法人認定

(健康宣言の証)

健康宣言の証

健康経営優良法人認定制度とは

健康経営優良法人認定制度は、経済産業省と日本健康会議が共同で主催しており、地域の健康課題に即した取り組みや日本健康会議が進める健康増進の取り組みをもとに、特に優れた健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。
当社は、健康経営優良法人認定制度に基づいた基準を満たすため、さまざまな取り組みを行っています。

健康経営の取り組み実施内容

当社では、健康経営に取り組むために以下の取り組みなどを行っております。

  • 健康診断、ストレスチェックの実施をしています。
  • 管理職・従業員への教育として、健康をテーマとした情報提供を行っています。
  • 適切な働き方の実現に向けて、残業の事前申告を設けています。
  • コミュニケーションの促進に向けて、社内でイベントを開催しています。
  • 感染症予防に関して、インフルエンザの予防接種の費用を一部負担しています。
  • 女性の健康保持・増進に向けて、女性の健康関連の相談窓口を設けています。

これらの取り組みを通じて、従業員の健康と働きやすさを重視し、より良い労働環境を実現しています。